• 残りわずか
  • オススメ
商品コード:
ISBN978-4-938986-68-1

音大・音高受験生のための 楽典THEORY&Lesson 2016年度入試問題付

通常価格(税込):
3,024
販売価格(税込):
3,024
ポイント: 28 Pt
メーカー:
株式会社パンセ・ア・ラ・ミュージック
メーカーURL:
http://panse.co.jp
関連カテゴリ:
音楽書籍
音楽書籍 > 音楽理論書
音楽書籍 > 音楽専門書
楽典
音大・音高受験の楽典なら、この1冊で。初学者から、難関校対策までを網羅。
数量:

内容のご紹介

第1部には、楽譜の基本から入試に役立つ必勝解答法も掲載。長年の受験指導で培ったノウハウを全て詰め込んでいます。
第2部には、実際の入試過去問題を掲載。解答を公表していない学校も多いのですが、弊社で模範解答を編集し、特に受験生が間違いやすい箇所には詳細解説をつけました。

楽典の基礎

音大・音高を目指すということは、音楽のプロへの第一歩です。実技でも受験体制に入った途端、その緻密な練習法に驚くはずです。楽典にも同じことが言えます。既に知っている内容もあると思いますが、「見たような問題なら、なんとなく解ける」レベルではなく、「なぜ試験官がそのような問題を出したのか」を理解できるレベルを目指しましょう。それが合格ラインです。

入試に特化した楽典

入試の楽典には独特の言い回しや明記されない前提条件が多く、初めて解く人には疑問が絶えません。加えて短い解答時間に慣れない見直しなどで、実力を出し切るのは難しいもの。受験に特化した解説を読んで、必勝解答法をマスターし、ライバルに差をつけましょう。

使いやすい過去問題集

受験時代の忙しい時間を有効に使えるよう、問題には全て回答欄を設けています。入試では素早く正解を導くだけでなく、与えられたスペースを充分に生かして、見やすい答案に仕上げることも重要です。合格に必要なのは、試験官の先生方に「是非この生徒を教えてみたい」と感じていただくことですよ。

受験本番で役立つ解答法

入試の目標は、「皆が得点できる所は絶対に落とさないこと」そして「皆ができない所を一歩リードすること」です。そのためには音程・音階・和音は満点を目指すこと、移調・調判定では理論的な解法を複数知っていることです。特に移調・調判定には順を追って細かく説明しています。

プロの音楽家を目指して…

楽典を入試のためだけの勉強、机上だけの学問と考えていませんか?ある曲を「いい音楽だなあ」と感じるのはプロでもアマチュアでも変わりません。しかし音楽のプロを目指すならば「なぜ、その音楽が良いと感じるのか」「どうしたら、より良い演奏になるのか」自らの言葉で理論的に説明できる能力が必ず必要です。新曲視唱や聴音を合わせて学習し、高い音楽基礎能力を身につけてください。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

その他のオススメ商品

添削学習セット 東京藝術大学志望者用

販売価格(税込): 41,602 円

音大へ進むなら、誰もが一度は考える藝大受験。「受験できるかどうか」が第一関門ではありますが、受験環境があるなら是非挑戦することをお勧めします。秋以降はどうしても実技優先になりますから、気づいた時に「聴音・楽典が間に合わない!」ということのないよう、夏休みまでに出題範囲を学んでおきましょう。

楽典完全マスターセット

販売価格(税込): 38,880 円

楽典では前述の通り、独特の言い回しや明記されない前提条件が多く、テキストを読んで理解したつもりでも、いざ問題を解くと「あれ?」とつまづくことも多いのです。楽典能力は学習環境や楽器によって大きく異なるので、通信教育で自分の長所と短所を素早く発見できると、より近道で上達できます。

添削学習セット 東京藝術大学附属音楽高校志望者用

販売価格(税込): 41,602 円

1学年40人という狭き門の芸大附属高校。全てにおいて高い能力の持ち主が集合します。とは言え、楽典は才能や努力ではなく「予め知っていればできる」ものがほとんど。満点への学習方法は確立しています。高い合格率を誇る当教材を是非ご活用ください。

音大・音高受験生のための 楽典THEORY&Lesson 2015年度入試問題付

販売価格(税込): 3,024 円

本書のバックナンバーに相当します。直前の入試問題を解くことは非常に有益ですが、翌年に同じ問題は出ません。前々年以前の過去問を知ることにより、正確に出題傾向を知ることができます。志望校が決まった方はもちろん、未定の方にもレベルチェックにお勧めです。

聴音トレーニング STEP2 旋律課題の実践

販売価格(税込): 9,720 円

志望校に関わらず、必ず出題される旋律の聴音。一般に音楽は右脳で聴くと言われますが、音楽の専門家では左脳と右脳が同時に働きます。これは音楽を「言葉として」理解していることを示します。音高(ドレミ)だけでなく、調性や拍子・リズムパターンまで言葉として聴けることが専門家の第一歩。その確認のために、どの学校でも出題されているのです。

聴音模擬試験 東京藝術大学編

販売価格(税込): 38,880 円

藝大受験では、まず実技練習に多く時間を割きたいものです。限られた時間を有効に使うためにも、自宅で独習できる聴音教材をご用意しています。合格者のアンケートで最も多いのは「この教材を3回ほど繰り返し、試験問題が簡単に感じた」という意見です。パンセが自信を持ってお勧めする教材です。